レッツきらめ樹!

っと掛け声をかけ、みんなで皮剥きをするきらめ樹間伐プロジェクト。たくさんの子供たちも参加してくれて3歳でもできる楽しい未来の森づくりキャンプをしました。

1日目は採寸。50平米づつを測り、その中でどの樹を間伐するかみんなで計算します。この裏山初めて入りドキドキしましたが、入ってみると開けていて遊び場がたくさん見えました。10年程前に間伐していたようで下草も生えているわりと良い状態だそうです。

最終的には区画に1、2本になると森としてはバランスがよく、立派な針葉樹になるそうです。それまで500年だそうで夢がふくらみます。

夜はみんなでご飯をいただき、ゲームにまーちゃんのライブにキャンプファイヤーというスペシャルな夜を過ごしました。

2日目はいよいよ皮剥き。こどもも簡単にむけるんです。特に水分が多い樹はするすると皮剥きをできます。

せーの、レッツきらめ樹!

で、皮を上までひっぱります。どんどん美しい幹がでてきます。水をたっぷり含んだ幹はキラキラしていい香り。うっとりしちゃいました。皮をむいた時点でこの樹は生きていく樹のために命を捧げます。生きるいのちをつよく感じました。

きらめ樹間伐は楽しい学びがたくさんありました。ありがとうございます。