天空茶会

山桜の濃いピンクのつぼみがいよいよ開いてきました。

お花見は「山の神」が田んぼに降りていらっしゃる時に、桜の根元で一度休まれていかれる神をもてなしていたことからはじまったと言われています。
山の神が桜の花びらに宿り、散って里にくだり花木を咲かせ、田に降り稲作を守り豊作をもたらし秋の収穫祭でまた山に送り返される、と言う日本ならではの美しいストーリー。
日本人にとって特別な桜はここから来ているのでしょうね。

とようけのもりの一周年感謝祭のお花見には山の桜も満開になりそうです。
感謝祭では桜を愛で息吹の山を感じて頂くため野外茶席<野点>を催します。

天空茶会ステージをとようけのメンバーがつくってくれました!
この桜の下で、言い伝えの神の宿る美しい桜と美味しいお茶を嗜みましょう。

これまでとようけのもりに来て頂いた方、まだ来られていない方
みなさまのご来場お待ちしております。

 

>>一周年感謝祭の詳細

image1 image2

image3