食事の偈

偈(げ)というのは、仏の教えや観音様の徳を讃える短い詩のことです。
この「食事の偈」は食べることの大切さ、生きることの本質の意味を唱えた「五観の偈」をアーティスト小田まゆみさんが日常に唱えやすいようやさしく翻訳して、イラストを添えました。
毎回の食事の前に手を合わせ「食事の偈」を唱えることで、自分自身に立ち戻り宇宙全体にいのちを支えてられていることに気づき、いまここに心を込めていただけることをどうぞ楽しんでください。
毎日の実践をつづけていくことで心安らぎ、喜びをまわりの人と分かち合っていくことができます。

食事の偈